競馬事件簿|最後の直線がトラクターが笠松競馬!!

地方競馬の笠松競馬で(2011年1月7日)
笠松競馬の第3レース(若竹特別)5頭だて

笠松競馬場のダート1800mは向上面からスタートして1周半する
2周目の最後の直線に馬が入ると…
なんとトラクターが汗

5頭はトラクターを避けるようにゴール
全馬無事完走、騎手や馬に怪我はなかった。

ただ、レースは「走路整備車両が進入したため、競走全般に重大な影響を与えた」として不成立。
786万2000円の勝馬投票券はすべて返還となった。

どうしてこんなことが起きたか
武豊TVで武豊騎手が安藤勝己元騎手(笠松競馬)から聞いた話だと

基本、笠松競馬の午前中は800mと1400mのレースが多い
そこで、トラクターの運転手が、800mのレースがだと思い(1周)走った後で
馬場整備を始めたのではって

実際に当時の記事を見ると笠松競馬の広報も同じようなことを言っていますね。
それにしても騎手は驚いたでしょうね。

また実況の面白かったので是非動画をみてみてください

管理人当たる競馬予想会社認定

チェンジ
チェンジ、重賞予想の無料予想的中率が半端ない…。只今無料会員募集中!!
勝馬伝説
無料情報だけで優秀な結果が・・・只今残りあと僅かの無料会員
すごい競馬
競馬ファンなら見逃せない…

コメントを残す