アンタレスステークスのニュースまとめ

アンタレスステークスのニュースまとめ
 

 阪神では18日、ダートの猛者が集まる「第20回アンタレスS」(GIII、ダ1800メートル)が行われる。中心となるのは完全復活を目指すアジアエクスプレスだ。

 一昨年の朝日杯FS王者は昨夏からダート路線に回帰し、秋のGIシリーズを目指して新潟のレパードSで3馬身差圧勝。しかしレース中に痛すぎるアクシデント。無念の骨折で休養を余儀なくされてしまった。

 前走・名古屋大賞典はそれから7カ月半ぶりの復帰戦。メイショウコロンボとのマッチレースで半馬身後れを取ってしまったが、見せ場十分の2着に、「外を回った分の差かな。もっと早めに動いてもよかったかも。でも力は見せられた」と、手塚調教師は手応えを得ていた。

 8日の1週前追いはアーリントンC馬ヤングマンパワー(11日のニュージーランドTで8着)に胸を貸す形でWコース6F86秒3をマーク。

 「順調にきているね。ひと叩きした今回はもっと動けるはず」と、トレーナーは巻き返しに自信。再び“超特急”の快進撃が始まりそうだ。

 

【アジアエキスプレス】

【アンタレスS(土曜=18日、阪神ダート1800メートル)注目馬最新情報:美浦】アジアエクスプレスの1週前追い切りは南ウッド6ハロンから86・0―39・6―13・0秒で僚馬と併入。間隔は詰まっているが、ひと叩きの上積みは十分見込める。

 手塚調教師「前走(名古屋大賞典=2着)は久々の分、伸び切れなかった印象。使って気持ちが入るタイプだし、今度は結果を出したい」

 

【クリノスターオー】

 【アンタレスS(土曜=18日、阪神ダート1800メートル)注目馬最新情報:栗東】クリノスターオーの1週前追い切りは坂路で4ハロン52・2―37・9―12・3秒の好時計。ラストの伸びが鮮やかで併せ馬先着。ビシビシと意欲的な内容もいい。

 鵜木助手「休み明けだけど太い印象はない。ここも先行する形になるんだろうが、早めに来られる展開だと厳しいかも」

 

【サンレイレーザー】

 【アンタレスS(土曜=18日、阪神ダート1800メートル)注目馬最新情報:栗東】サンレイレーザーの1週前追い切りは藤岡康を背に坂路4ハロン56・7―40・6―12・6秒。しまいだけ強めに追われたが、反応は悪くなかった。中間も順調。

 鵜木助手「前走(マーチS=9着)は自分でハミを取って伸びてきた。着順以上に内容はあったと思うよ。ダート慣れの見込める今回は前進も可能だろう」

管理人当たる競馬予想会社認定

チェンジ
チェンジ、重賞予想の無料予想的中率が半端ない…。只今無料会員募集中!!
勝馬伝説
無料情報だけで優秀な結果が・・・只今残りあと僅かの無料会員
すごい競馬
競馬ファンなら見逃せない…

コメントを残す