ゴールドアリュールとエスポワールシチーはフェブラリーSを制した親子

ゴールドアリュールとエスポワールシチーはフェブラリーSを制した親子

 

フェブラリーSを親子で勝利したのはゴールドアリュール・エスポワールシチーの一組です。

競馬ブックに出ていた、ダート総合ランキング

 

2014年

1位 ゴールドアリュール

2位 キングカメハメハ

3位 サウスヴィグラス

2013年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 サウスヴィグラス

2012年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 クロフネ

2011年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 クロフネ

 

まあ…偏っている(笑)

 

ゴールドアリュール

父-サンデーサイレンス

2003年のフェブラリーSを勝利しています!!

 
1着 ゴールドアリュール 武豊
2着 ビワシンセイキ 横山典弘
3着 イーグルカフェ Mデムーロ
 
 
エスポワールシチー
父-ゴールドアリュール
 
2010年のフェブラリーSを勝利しています!!
 
 
1着 エスポワールシチー 佐藤哲三
2着 テスタマッタ 岩田康誠
3着 サクセスブロッケン 内田博幸
 
 

ネオユニヴァース|福永騎手とデムーロ騎手が騎乗していた名馬

ネオユニヴァース|福永騎手とデムーロ騎手が騎乗していた名馬

 

ネオユニヴァース

父-サンデーサイレンス

母父-クリスエス

 

2003年-きさらぎ賞

ここまで福永祐一騎手が騎乗していました

 
1着 ネオユニヴァース 福永祐一
2着  サイレントディール  武豊
3着  マッキーマックス  ルメール
 
 
次走から福永騎手→デムーロ騎手へ
(福永騎手はエイシンチャンプへ)
 
スプリングステークスは圧勝
 
皐月賞では問題のシーン
 
 
 
そしてダービーでは圧勝!!
 
 
 
宝塚記念が余計だったなって(3歳時の)
 
 
 
 
その後菊花賞誰が乗るんだって話をしていたら
JRAが裏ワザを用意してきた!!
 
 

この時点でデムーロは、外国人騎手の短期免許は1年のうち3か月までという規定により、秋のGIでは騎乗不可能であった。しかしJRAが「同一馬で同年にGIを2勝以上した場合、その年にその馬がGIに参戦する開催日にのみ短期免許期間に関わらず騎乗を認める」と競馬施行規程を一部改正したことにより、秋はGIレースに限り騎乗が認められることになった。

 
 
 
菊花賞は3着でした…。
 
 
 
その後、結局G1を勝つことが出来なかったけど
産駒も活躍しています。
 
 
ネオユニヴァース
父-サンデーサイレンス
生年月日
2000年5月21日
調教師-瀬戸口勉
馬主-(有)社台レースホース
生産者-北海道千歳・社台ファーム
競走成績-13戦7勝
獲得賞金-613,376,000円
受賞歴-2003年 JRA賞最優秀3歳牡馬
代表産駒-ヴィクトワールピサ・ロジユニヴァース・アンライバルド・デスベラード
ゴールスキー・イタリアンレッド・ネオヴァンドーム