弥生賞を親子で制覇した馬たちについて

弥生賞を親子で制覇した馬たちについて

① カミノタサハラ-ディープインパクト

カミノタサハラ

父-ディープインパクト産駒で2013年に弥生賞を勝利しています

 

1着 カミノタサハラ 内田博幸

2着 ミヤジタイガ 和田竜二

3着 コディーノ 横山典弘

 

ディープインパクト-2006年の弥生賞を勝利しています

 

1着 ディープインパクト 武豊

2着 アドマイヤジャパン 横山典弘

3着 マイネルレコルト 後藤浩輝

 

② サダムパテック-フジキセキ

サダムパテック

父-フジキセキ産駒で2011年に弥生賞を勝利しています

 
1着 サダムパテック 岩田康誠
2着 プレイ 松岡正海

「弥生賞を親子で制覇した馬たちについて」の続きを読む…

チューリップ賞【2015年】の見どころまとめ

チューリップ賞の見どころまとめ

 阪神JFで好走したレッツゴードンキ・ココロノアイにクルミナル、コンテッサトゥーレといった無敗のディープインパクト産駒2頭が挑む形の今年のチューリップ賞。ここでの結果で春の牝馬クラシック戦線の勢力図が分かりそうな重要なレースとなりそうだ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/7(土) チューリップ賞(3歳・牝・GIII・阪神芝1600m)

 レッツゴードンキ(牝3、栗東・梅田智之厩舎)は阪神JFでショウナンアデラの脚に屈したが、レース内容としては一番強かったと言っても過言ではないだろう。自ら動けるタイプで安定感があり、ここでもまず大崩れすることはないだろう。本番に向けて好内容が期待される。

 ココロノアイ(牝3、美浦・尾関知人厩舎)はステイゴールド産駒で見た目以上に走るタイプ。前々走のアルテミスSの内容が強く、前走もキッチリと力を出し切った。ここでも大崩れはなさそうだ。

 クルミナル(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)は新馬戦、エルフィンS共に楽勝。ここは一気の相手強化となるが、あっさりクリアしてもおかしくない好素材だ。このメンバーで前走の様な競馬ができれば一気に桜の主役候補に躍り出る。

 コンテッサトゥーレ(牝3、栗東・安田隆行厩舎)は前走の紅梅Sで大きく出遅れながらも直線で前を捕らえ切った。素質はこのメンバーでも見劣りせず、こちらも試金石となる一戦。

 その他、距離不足の印象も能力上位のロカ(牝3、栗東・今野貞一厩舎)、芝替わりもダートの内容から期待が膨らむブチコ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)、こちらも距離不足の印象があるが素材上位のシングウィズジョイ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)辺りも好内容が期待される。発走は15時35分。

 
昨年のチューリップ賞
 

「チューリップ賞【2015年】の見どころまとめ」の続きを読む…