オークス(優駿牝馬)の見どころまとめ

オークス(優駿牝馬)の見どころまとめ

 蓋を開けてみるとレッツゴードンキの圧勝に終わった今年の桜花賞。同馬が2冠目に挑む。それを桜花賞の上位組や上位人気した馬、別路線の有力馬が阻止することができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/24(日) オークス(3歳・牝・GI・東京芝2400m)

 レッツゴードンキ(牝3、栗東・梅田智之厩舎)は桜花賞で後続に4馬身差を付けて圧勝。スローで単騎逃げをしたとは言え、正にワンサイドゲームと言える内容だった。札幌2歳Sなどでの実績から距離延長も牝馬同士ではこなせる方と思われ、2冠への期待が高まるところ。

 ルージュバック(牝3、美浦・大竹正博厩舎)は桜花賞で人気を裏切る形になったが、距離が短くデキもいまいちだった。今回は回復して人気も前走よりは落としそうなだけに絶好の狙い目となりそうだ。

 クルミナル(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)はスローの瞬発力勝負なら世代でも上位の存在。距離延長も望むところで、ここも上位争いは必至だろう。

 クイーンズリング(牝3、栗東・吉村圭司厩舎)は桜花賞で伸び切れなかったが、ルージュバック同様距離が短かった印象。距離延長は望むところで、タイトル獲得のチャンスは十分。

 シングウィズジョイ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)は距離延長となった前走のフローラSでキッチリと結果を出した。体型から距離は正にピッタリで、ここは上位争いが期待される。

 その他、距離が課題も良馬場なら堅実なコンテッサトゥーレ(牝3、栗東・安田隆行厩舎)、気性が課題も能力上位のココロノアイ(牝3、美浦・尾関知人厩舎)、忘れな草賞を勝ったミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)、条件が合いそうなディアマイダーリン(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)、キャットコイン(牝3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)、前々走の内容を見直したいアンドリエッテ(牝3、栗東・牧田和弥厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時40分。

最終更新:5月18日(月)11時9分

 
 
桜花賞-2015年

1着 レッツゴードンキ 岩田康誠

 

 

 

 

「オークス(優駿牝馬)の見どころまとめ」の続きを読む…

ヴィクトリアマイル【2015年】|見どころまとめ

ヴィクトリアマイル【2015年】|見どころまとめ
 

 春の女王決定戦ヴィクトリアマイル。ハープスターの回避・引退は残念だったが、オークス馬ヌーヴォレコルトを筆頭に好メンバーが揃った。GI馬が更なる栄光を手にするのか、それとも新たなGI馬が誕生するのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/17(日) ヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・東京芝1600m)

 ヌーヴォレコルト(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)は中距離を中心に使われてきたが、前に付けられる脚質からマイルへの対応は可能だろう。前走の中山記念では牡馬相手に強い競馬での勝利。今が正に充実期だろう。東京コースもピッタリで、GI・2勝目が期待されるところ。

 ディアデラマドレ(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)は前走の上がり3ハロンが31.9秒。前に行った馬が有利な馬場で鬼脚を使って最後方から差を詰めた。今の東京コースは差しが利く馬場なので、マイルの距離でも十分に対応が可能だろう。

 ショウナンパンドラ(牝4、栗東・高野友和厩舎)は休み明けの大阪杯で9着。まだ仕上げが甘かった上にかなりの道悪馬場では敗戦も仕方がないところ。一叩きされた上積みは大きそうで、ここは好勝負に持ち込めそうだ。

その他、3連勝で重賞を制したカフェブリリアント(牝5、美浦・堀宣行厩舎)、復活が期待されるメイショウマンボ(牝5、栗東・飯田祐史厩舎)、レッドリヴェール(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)の両GI馬、昨年のこのレースで3着に入ったストレイトガール(牝6、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の雪辱を果たしたいスマートレイアー(牝5、栗東・大久保龍志厩舎)辺りも上位争いの候補。発走は15時40分。

 

 

 ヴィクトリアマイルツイッターの声

「ヴィクトリアマイル【2015年】|見どころまとめ」の続きを読む…