ライスシャワーを振り返ります

ライスシャワーを振り返ります

父-リアルシャダイ、母父-マルゼンスキー

 

ライスシャワーはまあ叩き上げって感じの馬でしたね。

皐月賞8着→NHK杯8着→ダービー2着(16番人気)

完全にフロックぽかったけど・・・開花していた、

2着だったダービー

1992年 日本ダービー

1着 ミホノブルボン 小島貞博

2着 ライスシャワー 的場均

3着 マヤノペトリュース 田原成貴

 

その後、京都新聞社はダービーでは0.7秒差あったのが0.2秒

そして、菊花賞では勝利

 

1992年 菊花賞

1着 ライスシャワー 的場均

2着 ミホノブルボン 小島貞博

3着  マチカネタンホイザ 岡部幸雄

→ ミホノブルボンの3冠阻止

 1993年 天皇賞(春)

-12キロ減で勝負だったな…ライスシャワー

1着 ライスシャワー 的場均

2着 メジロマックイーン 武豊

3着 メジロパーマー 山田泰誠

→ メジロマックイーンの3連覇阻止

1995年 天皇賞(春)

 

1着 ライスシャワー 的場均

2着 ステージチャンプ 蛯名正義

3着 ハギノリアルキング 武豊

→ 武豊の天皇賞(春)連対記録阻止

 

 

ライスシャワー

父-リアルシャダイ、母父-マルゼンスキー

1989年 生まれ

性別 牡馬

毛色 黒鹿毛

調教師 美浦 飯塚好次

馬主 栗林英雄

生産者 ユートピア牧場

競走成績 25戦6勝

獲得賞金 729,497,200円

受賞歴 1995年 JRA特別賞

 

 

 

弥生賞を親子で制覇した馬たちについて

弥生賞を親子で制覇した馬たちについて

① カミノタサハラ-ディープインパクト

カミノタサハラ

父-ディープインパクト産駒で2013年に弥生賞を勝利しています

 

1着 カミノタサハラ 内田博幸

2着 ミヤジタイガ 和田竜二

3着 コディーノ 横山典弘

 

ディープインパクト-2006年の弥生賞を勝利しています

 

1着 ディープインパクト 武豊

2着 アドマイヤジャパン 横山典弘

3着 マイネルレコルト 後藤浩輝

 

② サダムパテック-フジキセキ

サダムパテック

父-フジキセキ産駒で2011年に弥生賞を勝利しています

 
1着 サダムパテック 岩田康誠
2着 プレイ 松岡正海

「弥生賞を親子で制覇した馬たちについて」の続きを読む…

ゴールドアリュールとエスポワールシチーはフェブラリーSを制した親子

ゴールドアリュールとエスポワールシチーはフェブラリーSを制した親子

 

フェブラリーSを親子で勝利したのはゴールドアリュール・エスポワールシチーの一組です。

競馬ブックに出ていた、ダート総合ランキング

 

2014年

1位 ゴールドアリュール

2位 キングカメハメハ

3位 サウスヴィグラス

2013年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 サウスヴィグラス

2012年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 クロフネ

2011年

1位 キングカメハメハ

2位 ゴールドアリュール

3位 クロフネ

 

まあ…偏っている(笑)

 

ゴールドアリュール

父-サンデーサイレンス

2003年のフェブラリーSを勝利しています!!

 
1着 ゴールドアリュール 武豊
2着 ビワシンセイキ 横山典弘
3着 イーグルカフェ Mデムーロ
 
 
エスポワールシチー
父-ゴールドアリュール
 
2010年のフェブラリーSを勝利しています!!
 
 
1着 エスポワールシチー 佐藤哲三
2着 テスタマッタ 岩田康誠
3着 サクセスブロッケン 内田博幸
 
 

シンザン記念と言えば|シーキングザパール

シンザン記念と言えば|シーキングザパール

 

シーキングザパール

父-シーキングザゴールド 母父-Seattle Slew

重賞勝利

1996年 

デイリー杯

1997年

シンザン記念

フラワーカップ

NZT4歳

NHKマイルC

1998年

シルクロードS

モーリス・ド・ゲスト

 

日本調教馬初の海外G1制覇でしたね。

 

シンザン記念も印象的ですが

スタートでぶっ飛んだ新潟2歳Sが

 

 海外G1初勝利

 

ネオユニヴァース|福永騎手とデムーロ騎手が騎乗していた名馬

ネオユニヴァース|福永騎手とデムーロ騎手が騎乗していた名馬

 

ネオユニヴァース

父-サンデーサイレンス

母父-クリスエス

 

2003年-きさらぎ賞

ここまで福永祐一騎手が騎乗していました

 
1着 ネオユニヴァース 福永祐一
2着  サイレントディール  武豊
3着  マッキーマックス  ルメール
 
 
次走から福永騎手→デムーロ騎手へ
(福永騎手はエイシンチャンプへ)
 
スプリングステークスは圧勝
 
皐月賞では問題のシーン
 
 
 
そしてダービーでは圧勝!!
 
 
 
宝塚記念が余計だったなって(3歳時の)
 
 
 
 
その後菊花賞誰が乗るんだって話をしていたら
JRAが裏ワザを用意してきた!!
 
 

この時点でデムーロは、外国人騎手の短期免許は1年のうち3か月までという規定により、秋のGIでは騎乗不可能であった。しかしJRAが「同一馬で同年にGIを2勝以上した場合、その年にその馬がGIに参戦する開催日にのみ短期免許期間に関わらず騎乗を認める」と競馬施行規程を一部改正したことにより、秋はGIレースに限り騎乗が認められることになった。

 
 
 
菊花賞は3着でした…。
 
 
 
その後、結局G1を勝つことが出来なかったけど
産駒も活躍しています。
 
 
ネオユニヴァース
父-サンデーサイレンス
生年月日
2000年5月21日
調教師-瀬戸口勉
馬主-(有)社台レースホース
生産者-北海道千歳・社台ファーム
競走成績-13戦7勝
獲得賞金-613,376,000円
受賞歴-2003年 JRA賞最優秀3歳牡馬
代表産駒-ヴィクトワールピサ・ロジユニヴァース・アンライバルド・デスベラード
ゴールスキー・イタリアンレッド・ネオヴァンドーム
 
 
 
 
 

京成杯と言えば|キングカメハメハ

京成杯と言えば|キングカメハメハ

キングカメハメハ全成績

日付 開催 レース名 頭数 馬番 人気 騎手
2004. 9.26 阪神 神戸新聞杯G2 8 7 1 安藤勝己
2004. 5.30 東京 東京優駿G1 18 12 1 安藤勝己
2004. 5. 9 東京 NHKマイルG1 18 13 1 安藤勝己
2004. 3.27 阪神 毎日杯G3 8 8 2 福永祐一
2004. 2.29 阪神 すみれS 7 7 1 安藤勝己
2004. 1.18 中山 京成杯G3 10 4 1 バルジュ
2003.12.13 阪神 エリカ賞 12 5 1 武豊
2003.11.16 京都 新馬 12 12 1 安藤勝己

 

あえて、着順は書かなかったけど…

1回だけ3着で残りはすべて1着・・・・

 

そう京成杯だけ負けている汗

 

キングカメハメハが圧勝した日本ダービー

 
 
 

ブロードアピール|シルクロードS|根岸S|両方を勝利している名馬

ブロードアピール|シルクロードS|根岸S|両方を勝利している名馬

ブロードアピール

父-Broad Brush 母父-Valid Appeal

 

芝でもダートでも強かった

 

2000年-シルクロードS

 
1着 ブロードアピール 武幸四郎
2着 トロットスター 河内洋(高松宮記念・スプリンターズS勝利)
3着 タイキダイヤ 福永祐一
4着 マイネルラヴ 横山典弘(スプリンターズS)
 
これで芝でも強かったことがわかる!!
 
 
 2000年-根岸S
 
 
1着 ブロードアピール 武幸四郎
2着 エイシンサンルイス 太宰啓介
3着 ノボジャック 勝浦正樹
 
 
 
こんな名牝あまり出ない。
今年この馬の産駒の1口がデビューするのはちょっぴり楽しみ!!
 
 
 

有馬記念と言えばオグリキャップ

有馬記念と言えばオグリキャップ

 有馬記念まであと12日。netkeiba.comでは現在、「ラストランを飾った名馬たち」と題した投票を実施しております。

投票はこちら

 投票できるレースは以下の7レース。もっとも心に残ったラストランを投票しよう! 投票期限は12月21日(日)まで。

(1)2013年オルフェーヴル
衝撃!8馬身差の完勝ぶりに12万が大歓声
「一生忘れられません。オルフェと同じ時代に生きてる幸せを感じました」(ファンの声)

(2)2008年ダイワスカーレット
ウオッカの好敵手が華麗に勝利(その後ドバイを目指すも怪我で引退)
「これ以上強い牝馬を私は知らない。ハイペースで逃げて後続を潰して1番人気で有馬を逃げ切る牝馬なんてこれから先出て来るとは思えない、素晴らしい強さでした」(ファンの声)

(3)2006年ディープインパクト
無敗の三冠馬、11万人が酔いしれた有終の美
「これで最後か。と思うと涙が出ました。あの感動を超えるレースはまだありません!」(ファンの声)

(4)2003年シンボリクリスエス
ペリエの手綱“有馬記念連覇で引退”の偉業
「有馬記念という、1年の中でもビッグレースで、連覇という偉業を成し遂げての、ラストラン」(ファンの声)

(5)1993年トウカイテイオー
数々の怪我を乗り越えての勝利、常識を覆した名馬(その後怪我が続き引退)
「競馬のレースを見て号泣したのは、後にも先にもこの有馬記念だけ」(ファンの声)

(6)1990年オグリキャップ
これぞユタカマジック!17万のオグリコール
「師走の中山競馬場に、まるで地鳴りのように響き渡った「オグリコール」が今も忘れられない」(ファンの声)

(7)1965年シンザン
「シンザンが消えた!?」五冠馬、衝撃のラストラン
「大外らち沿いの伝説はエイシンヒカリに受け継がれた?(笑)」(ファンの声)

 
今年も多数いる、有馬記念=引退の馬
やっぱりこれだったら、やっぱりオグリ

「有馬記念と言えばオグリキャップ」の続きを読む…