有馬記念と言えばオグリキャップ

有馬記念と言えばオグリキャップ

 有馬記念まであと12日。netkeiba.comでは現在、「ラストランを飾った名馬たち」と題した投票を実施しております。

投票はこちら

 投票できるレースは以下の7レース。もっとも心に残ったラストランを投票しよう! 投票期限は12月21日(日)まで。

(1)2013年オルフェーヴル
衝撃!8馬身差の完勝ぶりに12万が大歓声
「一生忘れられません。オルフェと同じ時代に生きてる幸せを感じました」(ファンの声)

(2)2008年ダイワスカーレット
ウオッカの好敵手が華麗に勝利(その後ドバイを目指すも怪我で引退)
「これ以上強い牝馬を私は知らない。ハイペースで逃げて後続を潰して1番人気で有馬を逃げ切る牝馬なんてこれから先出て来るとは思えない、素晴らしい強さでした」(ファンの声)

(3)2006年ディープインパクト
無敗の三冠馬、11万人が酔いしれた有終の美
「これで最後か。と思うと涙が出ました。あの感動を超えるレースはまだありません!」(ファンの声)

(4)2003年シンボリクリスエス
ペリエの手綱“有馬記念連覇で引退”の偉業
「有馬記念という、1年の中でもビッグレースで、連覇という偉業を成し遂げての、ラストラン」(ファンの声)

(5)1993年トウカイテイオー
数々の怪我を乗り越えての勝利、常識を覆した名馬(その後怪我が続き引退)
「競馬のレースを見て号泣したのは、後にも先にもこの有馬記念だけ」(ファンの声)

(6)1990年オグリキャップ
これぞユタカマジック!17万のオグリコール
「師走の中山競馬場に、まるで地鳴りのように響き渡った「オグリコール」が今も忘れられない」(ファンの声)

(7)1965年シンザン
「シンザンが消えた!?」五冠馬、衝撃のラストラン
「大外らち沿いの伝説はエイシンヒカリに受け継がれた?(笑)」(ファンの声)

 
今年も多数いる、有馬記念=引退の馬
やっぱりこれだったら、やっぱりオグリ

「有馬記念と言えばオグリキャップ」の続きを読む…